新郎新婦の一番近くで祝福、

サポートができるとても重要な役割。

アメリカ、ヨーロッパの文化で、結婚式の立会人、披露宴の司会進行役などを

新郎新婦の友人たちがお揃いのコーディネートドレス、タキシードで務めることを

ブライズメイド(Bride`maids)&グルームズマン(Groom`man)と言います。

※日本ではグルームズマンはアッシャという名称が定着しています。

Bridesmaid`sの起源

ブライズメイドの起源は、中世のヨーロッパにさかのぼり、花嫁の幸せをねたむ悪魔から花嫁を守るため、 未婚の姉妹や友人たちが花嫁と似た衣装を着て付き添い、悪魔の眼を惑わした風習が由来とされています。

​ブライズメイドの演出方法♪

ブライズメイドの演出は様々なスタイルがあります♪
​自分の結婚式に合ったスタイルで、より素敵な式に♪

1.

本格的なBridesmaids演出!

​花嫁の付添人、立会人

​挙式・披露宴で新郎新婦と一緒に入場等挙式トータルの演出。

2.

気軽にBridesmaids演出!

​衣装のみ♪

​お揃いのドレスを着用してもらい、挙式に参加、写真撮影。

3.

気軽にBridesmaids演出!

​衣装+aのお手伝い♪

​衣装+受付係やウェルカムドリンクのサポート、2次会幹事などのお手伝い。

✳︎.

友人からサプライズ演出!

​ブライズメイド は花嫁さまからご友人にお願いする方法が一般的ですが、友人達でお揃いのドレスを用意し、花嫁さまへサプライズ演出をする方もいらっしゃいます♪

Bridesmaidsとgroom’s manがサポートする挙式の流れ

本場のブライズメイドのしきたり。憧れのおしゃれな海外の結婚式を完全再現♪

グルームズマン(以降アッシャー)が バージンロードに敷く布を広げます。

司式者、花婿、アッシャーが位置につき(祭壇脇あたり)、挙式が開始されます。

最初にブライズメイドが一定のスペースを空けて一人ずつ入場します。

※フラワーガール(女児)やリングボーイ(男児)がいる場合は、そのあとに続いて入場します。

花嫁が父親にエスコートされて入場します。

※バージンロードの前から二列目の長椅子あたりで父親は花婿と入れ替り、花嫁と花婿は祭壇前まで進みます。

式の進行は、それぞれの式場の式次第に従って進みます。

聖書朗読、説教、指輪の交換、結婚証明書署名、結婚宣言、退場となります。

 花婿、花嫁退場の後はブライズメイドとアッシャーが

カップルになって一緒に退場します。

©  2017 Millefleurepi

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • LINE Social Icon
0